ご由緒

【沿革】
奈良時代末期の延暦元年(782)『続日本紀』に「田村後宮の今木大神に従四位を授ける」とあり、平城宮の宮中(桓武天皇の父光仁天皇の御所)に祀られていました。
ここ平野の地には、延暦13年(794)平安遷都と同時にご遷座されました。
当初境内地は方八町余(平安尺で1500m四方)で、現在の京都御所とほぼ同じ大きさでしたが、時の変遷とともに現在の200m弱四方となりました。


【御神階】
平安時代になるとご祭神は急に位が上がり、貞観6年(864)年には今木皇大神が正一位(神様の位で最高位)の位を授けられました。その前年貞観5年(863)には久度大神・古開大神に正三位、比賣大神は従四位上に叙せられています。


【社格と称号】
『延喜式』(律令の施行細目、平安初期の延喜年間に着手され、延長5年(927)に完成)によれば、全国唯一の皇太子御親祭が定められた神社です。
同式の「神祇官式・祝詞」には「皇大御神・皇大神」と称され、また「東宮坊式」には「神院」という宮中神と同様の扱いを受けております。『文徳天皇実録』仁寿元年(851)は勅使を「平野神宮」に遣わすとあります。全国でも数社に限られる「皇大御神・皇大神」「神宮」、宮中神である「神院」これらの尊称から宮中外の宮中神であったことが窺えます。また明治4年(1872)には官幣大社に列格しております。


【宮中 平野御竈(ひらのみかまど)】
『延喜式』の「内膳司式(ないぜんじしき)」によれば、天皇の食を饗する御竈には「平野・庭火・忌火」の三竈があり、庭火御竈(にわびのみかまど)は平時の食膳、忌火御竈(いみびのみかまど)は祭事の食膳を饗し、平野御竈(ひらののみかまど)は健康・吉祥を司る御竈であるとされています。これは平野四神の御神徳が一体となり常に宮中と関わりを持ち、天皇をお守りしていたことにほかなりません。


【八姓の氏神と伝奏家(でんそうけ)】
〇奈良時代末期から「臣籍降下(しんせきこうか・皇族が源氏、平氏などの姓を賜り臣下になること)」の制度が定まり、臣籍降下した源氏・平氏をはじめ、高階・大江・中原・清原・秋篠各氏ほか天皇外戚の氏神であるとされ、臣籍降下の流れを汲む公武に尊崇(そんすう)されました。当社が宮中外に祀られたのは、この臣籍降下と深く関わっているようです。『源氏物語』の光源氏は臣籍降下した一族の繁栄を願った平野大神の顕現(けんげん)であるとの説も一理あるようです。

〇江戸期には平氏嫡流(へいしちゃくりゅう)の公卿(くぎょう)、西洞院家(にしのとういんけ)が伝奏家(天皇に取次言上する役)を勤め、現社殿の復興をしました。
平成17年東大鳥居改修の際、『平野皇大神』の御神号額を当代西洞院文昭(にしのとういんよしあき)氏の揮毫(きごう)で新調しました。


【異説】
〇中世期、仁徳天皇が平野の神であるという説が広く信じられていました。これは仁徳天皇が民家の烟(煙)が立たないのをご覧になり、免税したという逸話を当社の竈神に付加した説です。

〇江戸期に、国学者の伴信友(ばんのぶとも)が諸作『蕃神考(ばんしんこう)』で、「今木神は百済王なり」との誤った説を、根拠となる資料を改竄して唱えました。今でもこの説を敷衍した説が時々出されますが、学問上では否定されています。