結婚式

お互いの人格を尊重し、終生扶け合うことを誓い合う千代の契。この新しい門出の日、由緒尊く格式高い御神前でのお式は、生涯意義深い想いとなりましょう。
謹んで、このお式をお祝い申し上げて、いつの日も、幸く真幸く、家庭の平和と社会の繁栄のため、ご精励の程お祈り申し上げます。
宮司敬白

神前式式次第
修祓 お祓いいたします。
献饌 神饌(神様の食べ物)をお供えします。 
祝詞奏上 斎主がご両家結びの祝詞を奏上します。
三献の儀  新郎新婦が大中小の盃を交わし契を結びます。一の盃(小) 新郎→新婦 二の盃(中) 新婦→新郎  三の盃(大) 新郎→新婦
誓詞奏上 仲人又は新郎新婦が誓詞を奏上します。
指輪交換の儀 新郎新婦が指輪を交換します。
親族盃の儀 ご両家が結び固めの盃を交わします。
徹饌の儀 神饌をお下げします。
神前より退下 新郎新婦並びに親族は次の次第へと進みます。