七五三詣

〇七五三 11月15日

七五三詣は、3歳男女児の髪を伸ばし始める髪置(かみおき)、5歳男児の初めて袴を着ける袴着(はかまぎ)、7歳女児がそれまで紐で着物を着けていたものを、大人と同じ帯を着ける紐解(ひもとき)と、それぞれひとつ大人の仲間入りをしたことを大神様に報告し、感謝する祝いの行事です。

近年でも3歳男女、5歳男、7歳女のお子様が今までの成長を感謝し、更なる成長を願う行事として大切に執り行われています。

数え年でのお詣りが一般的ですが、近年では満年齢でお詣りされることもあります。

11月15日以外にも10月から11月中のご都合の良い日にお詣りください。

令和元年 七五三早見表